ルリビタキ♂

 ウメメジロ、ウメジョビ撮影を満喫し、帰り際偶然現れたルリビタキ♂。こちらの様子を窺っているようで、結構な時間撮影できたものの、木立の中薄暗く、SS100をきるとやはりつらい。左肘を胸に押し当て体を硬直させてがんばって撮るものの努力むなしくブレでほぼ全滅状態。そんな中、何とか見れるもの…
 この時期にしか出逢えないこの青い鳥、出逢えるととても嬉しい気分になる。
c0219278_18424547.jpg
c0219278_18432297.jpg
c0219278_1843436.jpg
F6.3 1/40s ISO800
I公園(富士市)
Nikon D40 + SIGMA 150-500mm F5-6.3 APO DG OS(ノートリミング)

[PR]
by nikon-d40 | 2010-02-10 18:50 | | Comments(4)
Commented by いもぴざ at 2010-02-11 19:48 x
ルリビタキ、いいですよね。
フォトジェニックで人気があるのもわかります。

ルリビタキは自分が好かれていることを知らないので、カメラマンが近づくと違和感を感じるのでしょう。飛んでいってしまいます。
適当な距離感をつかむのは難しいですよね。

Commented by nikon-d40 at 2010-02-12 06:09
適当な距離感というのが、本当むずかしいです。そこらへんがまだまだ私よくわかっておりません。鳥によっても様々ですし。極力違和感オーラをださないようになりたいものです。
Commented by 独弧 at 2010-02-12 19:03 x
ISO800でss1/40は、よっぽど暗かったんですね。
こちらのフィールドではモズとジョウビタキとの三つ巴の争いが起きて
運がいいと敗れたルリビタキがすぐそばまで逃げてくることがあります。
ですのでいつもモズとジョウビタキを心の中で応援しています。

Commented by nikon-d40 at 2010-02-12 19:48
はい、暗かったですね。肉眼ではよくわからなかったですよ。
"三つ巴の争い"ですかー、そういう相関図、私はまだわからないです^^;
わかるようになれたら、より一層楽しめそうですね^^


<< 菜の花畑でモズ シロハラ >>